« 長距離ドライブ旅行 | トップページ | 中西部旅行 その2 バッドランズ・ラッシュモア・マンモス »

中西部旅行 その1 計画など

7月2日から9日まで、中西部横断旅行に行ってきました。最終目的地は、イエローストン国立公園(世界遺産)でしたが、道すがら、色々と寄るところがあり、夫いわく「初めてロチェスターに住んでいる利点を生かした旅行だったね」だそうですhappy01

日本から行くには、とても行きにくい場所なので、この機会を逃したら一生いけないかも、と、思い切って行けてよかったです。

<日程>

7月2日; 夫が夜勤明けのため13:30ロチェスター出発、サウスダコタ州kimball19時着 モーテル8宿泊

Img_2852

3日;バッドランズ国立公園、ラッシュモア&クレイジーホース、ワイオミング州gillette モーテル6宿泊

Img_2884

4日;イエローストーン国立公園北門から入る、マンモスエリア見学、ルーズベルトロッジ宿泊(園内)

P1060830

5日;ラマバレー、キャニオンエリア、ガイザーエリア見学、グラントビレッジ宿泊(園内)

Img_3023

6日;グランドティトン国立公園終日見学、グラントビレッジ宿泊

Img_3090

7日;ウエストサム見学、イエローストーンレイクをドライブし、東門より14号で帰路へ。gilletteのモーテル6宿泊

P1070035

8日;デビルスタワー見学、kimballのモーテル8宿泊

P1070077

9日;De Smet, Walnut Groveのそれぞれのローラ記念博物館を見学、20時ロチェスター着

P1070142

というものでした。

健太もいるし、私達夫婦は長距離運転が苦手なこともあり、かなり余裕を持たせた日程にしました(それでもきつかった~)。大体一人2時間の運転×3人の計算で予定をたてました。

<宿泊>

日程をたてるのが遅く、イエローストーンはピークシーズンということもあり、ホテルは3ヶ月前にすでに満室。しかも、今回は、私の父と一緒だったので2部屋確保しなくてはならず、1部屋のキャンセルがでてもダメ。旅行会社が一気に手放すのを毎日のようにwebでチェックする、というやり方で、無事宿が取れました。

国立公園は、絶対に園内に泊まるに限ります。特に、イエローストーンのような広大な(四国の半分の大きさ)ところは、園外に出るだけで1時間以上のロスタイム、しかも園内に泊まるのはとても雰囲気が良くていいです。

車での移動が続くと、毎日ホテルを替わるのは結構疲れますので、途中園内で2泊同じところをとり、少し休息できてよかったです(各ホテルの感想は後ほど)。回り方も考え、無駄のない宿泊地選びも大切です。

行き帰りの宿泊は、めぼしをつけておき家でプリントアウトしておくだけで予約せず、その日の昼過ぎに目途を立てて、電話で予約しました。今回は(いつもですが)、格安旅行を目指していたので、チェーンホテルの最安どころ、「モーテル6」と「モーテル8」にしました。都市部だと安いのは治安が不安ですが、田舎なので全く不安はありませんでした。どちらもとても綺麗で、居心地よくて、大当たり、帰りも同じところを利用しました。

途中の宿泊選定のポイント(我が家では)は、電子レンジ冷蔵庫があるところ、都市部より小さな町バスタブがあるコインランドリーがある、です。

部屋で簡単に食事を済ませるにあたり、電子レンジと冷蔵庫があると本当に便利です。道中、朝夕は外食はほとんどしなくてすみました。レストランに行っていると、時間を食うし、疲れます。特に健太連れは疲れる‥。

アメリカではおそうざいやフルーツの売り方も巨大ですので、夕方に買ったものを朝にも食べるのに、冷蔵庫があると便利でした。

持参したレトルトものや、昼食などで残りを持って帰ったものを温めるのに電子レンジがあると便利です。

また都市部や大きめな町のモーテルは高いのですが、モーテルとガソリンスタンドしかないようなところは安いので、より安めを狙うなら小さな町がいいようです。

バスタブは健太をお風呂に入れるのがラクだからです。

ランドリーは子連れには必須です。

今回行って思ったのですが、各モーテルが「全米ホテルリスト(free directory)」という無料冊子を出しています。事前にロチェスターのモーテルをまわり、この本を貰っておき、それで比較検討すればよかったな、と教訓です。webでいちいち調べるのは大変でした。

P1070156

<持ち物、食事>

車で行ったので、持ち物には余裕があり、水、水筒、お米、レトルトの食料(とくに味噌汁やスープ類、あたためてご飯にかけられるもの、ふりかけや海苔、お寿司のもと、お魚の煮付けなど)、お菓子類、ティーパック、紙皿やプラスティックのスプーンなどを持参、そして炊飯器ポットを持参しました。

アメリカの旅先、とくに田舎では、食事が本当にひどいのです。それでいて高い!あれをずっと食べていると、体調が悪くなること必須なので、1日2回はお米が食べられてよかったし、時間の節約にもなります。道中も、小腹が減ったらおにぎりをほおばることができました。

P1060825 ある日のランチ;野菜は「ポテトフライ(ポテトが野菜だからアメリカではフライドポテトは野菜になるんです!)とピクルス」

唯一つ、クーラーボックスを持っていけばよかった、と後悔‥。ホテルにはだいたいどこも、無料で氷がもらえるので、そこで氷をもらい、果物などをクーラーボックスに入れて冷やしておけばよかったな、と思いました。

あと、カップ麺も持参すればよかったな。

それでは、本編?に続く‥

|

« 長距離ドライブ旅行 | トップページ | 中西部旅行 その2 バッドランズ・ラッシュモア・マンモス »

「アメリカ生活お役立ち情報」カテゴリの記事

旅行日記」カテゴリの記事