カテゴリー「旅行日記」の記事

セドナ旅行 2日目

随分更新が遅くなりました。ここのところロチェスターは連日、最高気温が0度を超えています!!すごいあったかい!思わず、公園に健太を連れて行こうと思ってしまうほどです。風がなければそれも可能、って感じ。ミネソタ人化してるなぁ。。。

==

セドナ2日目は、1日目とうって変わって晴天!寒いけど。

P1080409 朝陽で輝くレッドロック。

もう昨日はすぐにラスベガスへ帰ろうか、なんて思ってたけど、考え直した。

P1080412 ベルロック。

続いて、四大ボルテックスの一つカセドラルへ

州立公園の中からの眺めが良いらしく、まずは州立公園へ。

P1080414 てくてく歩く健太と夫。

P1080416 この岩がカセドラルです。

P1080418 ヒーラーの人?がなにやら歌を歌いながらなんかしてた。

P1080421

パン屋さんからの風景。とても綺麗。町全体が、景観を損なわないようにするためか、建物なども土と同じような色に統一されています。

P1080433 お昼頃、セドナを去ります。

赤岩の渓谷がとても素敵な町でした。程よく目に優しい緑もありよかった。もうちょっと気候のいい時にきたらもっと楽しめたのに、ちょっと残念。ただ、セドナはすごくはまる人とそうでない人がいる、とよくきくけど、うちはどちらかというと後者のほうかな。。。まぁでも、これもシーズンとかいろいろな要因がありますよね。アメリカに来て、最初の旅行だったら、間違いなくすごい感動したはず!

P1080446 峠越えのビューポイント。雪が積もってます。

そして、一路、ラスベガスへ戻る‥予定だったのですが、ちょっとグランドキャニオンに寄りたくなり、寄りました。10月に行ったとき、西側がすべて閉鎖されていたので、そちらの方に行きたかったのと、冬の雪のグランドキャニオンはすごくいい、と前からきいていたので。

P1080458

‥雪は積もってなかった‥。

でも人が全然いなくて、空気が澄んでいて本当に綺麗でした。春から秋は、観光客の排気ガスでくすんでいる、というの、納得。

P1080449

ちょっとわかりにくいけど、グランドキャニオンの南東にあるアリゾナ最高峰の山が、見事に雪化粧していてすごく綺麗でした。

今夜は、Williamsというグランドキャニオンのゲートシティに泊まりました。

夫が、モーテルを巡って、35ドルというところになった‥。これまた外見、すっごくやばいモーテル(一応チェーン店rodeway inn)。でも、中はきれいに改装してあって、快適でした。

ただ、暖房の調子が悪く、部屋が寒かった。ホテルの人に言うと、ヒーターを持ってきてくれました。やっと暖かになってゆっくり休めました。

|

セドナ旅行 1日目

ロチェスターでの最後の休暇となった1月末の一週間、どこに行こうか、考えあぐねてなかなか計画が決まりませんでした。と言うのも、ボストン行きが決まり、経済状況が厳しかった‥。でも、真冬の一番寒い時期にシカゴというのも(車で行ける)‥あまりに寒すぎて辛いし‥。だからと言ってロチェスターにただ居るのも辛い。ということで、Allegaint Airでロチェスターから格安で行けるラスベガスを拠点にセドナへ行くことに。

アメリカの航空会社は、毎日値段が変動するので、毎日チェック。安くなるのを待って待って‥一度値段が上がったりして、あーあーと思ったけど、そこからまた下がって、結局往復138ドルで取れた!すごい嬉しかった!前にも書いたけど、ラスベガスはこの時期、ホテルも格安だし。

==

飛行機は1時間くらい遅れて出発、ラスベガスに着いた。10月に一度来ているから、大分勝手がわかっていてラクチン。レンタカーを借りて、行ける所まで行こう、となり、2時間弱走ったkingmanという町まで行った。もう真っ暗。そこのモーテル8で一泊目。

2日目、ひたすらI-40を東に進み途中、アメリカのマザーロードルート66にも寄った。

P1080386

さらに東へ向かうと、Williamsからフラッグスタッフの辺りで、雪snowが降ってきてみるみるうちに猛吹雪に‥。雪や寒さから逃れてきたのに、なんで~という感じで、テンション下がりまくり。スピードも全然出せないし。さらに、最後、フラッグスタッフからセドナまでは山越えがあり、このくねくね道が雪で滑る。レンタカーは四駆でもなんでもない小さな車。恐々走った。

セドナへ着いても、2,3℃しかなく風が強くて寒いし、天気悪くて視界が悪いし‥景色も綺麗に見えないし‥。

==

セドナは、地球のへそ、とも呼ばれる場所で、磁力(ボルテックス)が強く放出され強く「感じる」、とされているところ。言うならば、霊感とかそういうものを感じるところらしい。人によっては、この辺りに行くと涙が出たり、エネルギーが湧き出てきたりするらしく、アメリカ人の大人気観光地らしい。

昔のネイティブアメリカンたちは、ここが神のいるところだと思っていて、この辺りには住まなかったそうだ。

ヒーラーとかが前世療法とかヒーリングセラピーとかやっていたり、アーティストがここに住みインスピレーションを受けながら活動をしたりしている場所。

私は、こういうのはあまり感じないほうなのだが、ちょっと興味があり、行ってみたいな、って思っていた。それに、セドナは、峡谷でとても素敵な景色だとのこと。

==

だけどだけどー

こんな天気では、瞑想も何もできやしないよー。大体、気持ち的に盛り下がり、そういうエネルギーを感じようと言う心もなかった‥。

さらに、四大ボルテックス、というもっとも磁力が強いとされている場所に行くのがセドナ観光の普通なのだが、これ、目に見える場所ではないため、行っても「ここ」っていう明確な場所がなくて、さらに「感じ」ないので、この辺なの‥?!、ってなんともあいまいな観光に。

さらには、健太がいては静かにたたずむこともできないし、国立公園と違って、ボルテックスに向かうトレッキングルートは柵もなにもなくて、健太が落ちそうで怖くて歩けない。抱っこは嫌がり「あっく、あっく(歩くの意)」って言うし‥。

ということで、完全に調査ミスだったなぁ、というのが私の第一印象でした。

それでもここまで来たからには、と有名スポットは回りましたよ、雪の中。

P1080392

岩の中に建てられたホーリークロス教会。絶景らしいのですが、曇ってました。

このあとエアポートメサ(四大ボルテックスの一つ)へ。健太が落ちそうで、すぐに退散。

P1080395 四大ボルテックスの一つ「ポイントキャニオン」

寒いし誰もいないし、ここもすぐに退散。

このままでは悲しい、ということで、美味しいと評判のレストランHeartline Cafeへ奮発して行ってみることに。

入った瞬間、かなり場違い。テーブルクロスにワイングラスが並ぶレストランでした。cafeってネーミングに騙された。。子連れのジーパンユニクロカップル‥。。。でももう入っちゃったし、開店時間に行ったのでお客さんも他にいないし、ってことで、意を決して?!夕食。

P10803971

地元で一番人気のレストランってことで、お味はかなり美味しく頂きました。パンも絶品でこれだけでも満足できるほど。寒かったので、温かいお料理が何よりでした。健太もおりこうにしてくれて、よくたべてたし。

ここから、モーテルへ向かいます。今日は飛び込みでした。観光案内所で安いところを紹介してもらって行ってみたら‥

外見はかなりやばい。私は内心、ここはイヤーと思ったけど、夫が中を見せてもらったら、綺麗でスイーツ形式(ベッドルームとリビングルームが分かれてる)だし電子レンジと冷蔵庫もあったよ、とのこと。

私も中を見てみると本当に綺麗で外見からは想像できないほどでした。もっと外見、綺麗にすればいいのに。。。子連れだとスイーツ形式の部屋はすごくラク。普通のホテルだと、9時頃には寝ちゃう子供に合わせて寝なくちゃならないけど、部屋が分かれているとその後ゆっくりできるから‥。それに、電子レンジと冷蔵庫があれば自炊も出来るし、ここに宿泊決定です。

部屋に入ってから、暖炉があるのが何よりも有難かった。とても暖かくて、やっと気持ちにゆとりが出ました。健太が触らないようにしなくちゃならないのはちょっと大変だったけど、最近は言ったらわかるので、「あちよ」と怖い顔して言うと、あまり近づかなかった。

その2へ続く‥

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ ←ランキングに参加しています。よかったらクリックお願いしますheart02

人気ブログランキングへ  ←こちらにも参加しています

|

キーウエストからミネソタへ ~トラブル続きの帰宅!~

エバーグレイス国立公園を出て、もう日が暮れてから、キーウエストに向かう途中の町、マラソンに到着。途中の海が見えずに残念だったー。キーラゴあたりで宿泊にしておけばよかったな。。。

翌日、天気はあまりよくなく、曇り時々雨みたいな感じ。

でも、左右に見える海は綺麗でした。晴れていたらもっときれいなんだろうなぁ。

こんな、海の中の橋を走り抜けます。

P1080205 有名なセブンマイルブリッジ。

橋を渡り終わってすぐのところにある、バビーアホンダキー州立公園へ(友人の勧めで)。

P1080211

砂浜もきれい、海もわりと綺麗でした。この辺りを散策。

P1080203

昔、1900年代初頭にこの辺りは鉄道を敷いたそうで、それの名残。

こんなに昔に鉄道をこんな海にしいたなんて、アメリカはすごいなぁ、と素直に思った。

この頃、この辺りの島々は蚊がすごくて、鉄道労働者は蚊との戦いだったので、「マラソン」って名づけられたらしいです。

P1080213 健太はひたすら砂遊び‥

その後、一路アメリカ最南端の島、キーウエストに向かいます。

この頃には雨が土砂降り~rain

でも、サザンモストポイント(アメリカ最南端のモニュメント)に着いた時には、ちょうど雨があがっていました。急いで記念撮影!

P10802151

その後、キーウエストの目抜き通りデュバルストリートを北上して散策。

夫はへミングウエイの家へ。私と健太はさらに歩き、ウインドウショッピング。

P1080223

小さくまとまった町で、お店を覗きながら散策するのがこの島では楽しいかも!思ったよりずっと観光地化されていて驚いた。

P1080217 キーウエストといえばB&B 可愛かったりオシャレなB&Bが沢山ありました!アメリカのB&Bにいつか泊まってみたいなぁ。

マロリースクエアでお土産ハントして、キーライムパイを買って、お友達オススメの日本料理やambrosiaにてランチ。

P1080226

雰囲気がすごーく素敵で、お値段も安く、それでいてすごーーーーく美味しくて‥

しかも健太は昼寝中で‥

もう大満足のランチでした。幸せだったな~ 

キーウエストで少し落ち着いてご飯食べたかったら、是非ここへ。すっごくオススメ!

==

お昼過ぎにキーウエスト空港へ向かいました。

小さく古い空港でビックリ。

しかも、レンタカーの返却場所が見つからない!他のレンタカー会社はあるのに、格安レンタカー会社alamoはない。きいてみると、島の反対側の方へ返して、そこからシャトルで空港に行くらしい。調査ミス‥。

そこから、もう一度ドライブしてレンタカー会社へ向かい、レンタカーを返して、飛行場へ。

さらに、荷物検査でさっき買ったキーライムパイが取り上げられた!!えーー悲しい、と思って、外で食べてきていいか夫がきいてくれたらいいとのこと。食べましたよ~美味しかった♪

そして、飛行機搭乗。もしかしてあれ?と思うほど小さいプロペラ機。なんと7人乗り!!操縦席も全部みえて、みんな体重も量って乗る場所を指示されるほど。前、沖縄の離島に旅行に行ったときも5人乗りの飛行機に乗ったけど、あの時は15分くらい。今度は1時間。

しかし、搭乗時間になっても全然搭乗にならず、結局35分も遅れてやっと乗れる。

乗り継ぎのフォートマイヤーズでは乗り継ぎ時間が50分しかない!!

これはもう乗り継ぎは無理かも‥と思いながら、離陸。

それほど高い位置を飛ばないので、しかもこの頃になり快晴になりannoy 飛行機からの景色が絶景でした。海や湿地帯、島々、なんと綺麗だったか‥。しばし見とれてしまいました。

小さい飛行機で揺れるし、気圧の調整も結構あり耳が痛くなったり、音もすごいから、健太が大泣きしたらどうしよう、と思ったけど、「ブーン、ブーン」と大喜び。飛行機大好きみたいです。耳対策に、ちょこちょこお菓子をあげました。歩く場所ももちろんないから、1時間膝上でもつかと思ったけど、大丈夫でした。

フォートマイヤーズにつき、乗り継ぎ15分!!走る走る!!!しかも、もう一度セキュリティを通らなければならない、と!!空いていて、前の人に順番を譲ってもらって、その後も近年こんなに走ったことないというくらい走って‥

もう誰もいないゲート、もうダメ?!と思ったら、最終搭乗でなんとか乗れました。全身から大汗が噴出していた。しかも、ここから4時間弱の飛行、機内で夕食、と思っていたのに食べるものも何もなく、健太どうしよう、と心配に。バナナ一本、お菓子で何とかしのいだけど、可哀想だったかな。でも、小食なので、お腹が空いて不機嫌な感じにはならなかったので、このときばかりは小食も有難かった。

機内はすいていて、3席使わせてもらえてとても気楽だった。

P1080228 ちょうど日暮れで綺麗だった

夜10時頃の到着だったので、途中で健太、寝るだろうと思いきや、あとちょっと、というところで寝ない(寝れない)。でも眠くて眠くて仕方なく、最後の着陸10分前くらいから号泣。私も席を立てないし、どうしようもなくて、周りにも迷惑で申し訳なかった。着陸と同時に寝た‥

おりてから、バゲージをピックアップしようとしたら、ロストバゲージ。やな予感していたのよね‥だって、あれだけ走ってギリギリだったから、荷物は間に合わなさそうだったもの。

困ったのは、冬服。半そででも暑いくらいだったフロリダから、極寒のミネアポリス。コートやセーターなど全部スーツケースの中!!がーん、どうする!!

でも神様はいた!その日は、ミネソタはとても暖かくて夜10時頃だったのに2度くらいあったのだ!これはミネソタの12月にしては異例。

レンタカーの暖房をガンガン効かせて、車に乗り込む一瞬だけ我慢して、なんとかなりました。あーマイナス20度とかの日じゃなくて本当によかった。

ところがすごい霧で視界が悪い。ここで事故でもしたら、この薄着で遭難確実‥。

なんとか日付が変わる頃、ロチェスターの家に無事着きました。ホッとした~。

家も寒かったので、しばらく暖房で温めている間、私と健太は車で待機。

1ヶ月ぶりの我が家は、全然違和感なく、帰ってきてホッとしました。

翌日にはバゲージも無事届きよかった。こうして、夢のようだったフロリダ生活が終わり、現実に戻りました。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ ←ランキングに参加しています。よかったらクリックお願いしますheart02

人気ブログランキングへ  ←こちらにも参加しています

|

マイアミ

ジャクソンビル生活を終え、最後にマイアミからキーウエストへ旅行して、ロチェスターに戻ってきました。

このところ、意外にもロチェスターは気温が高く(と言ってもマイナス10度から0度くらい)、フロリダ帰りの私達には過ごしやすいです。

==

マイアミに到着。天気が悪くて雨が降っている~。レンタカーを借りて、車に乗ったら、なんとワイパーが根元からとれていた。。。荷物全部積んだのに、全部またおろして新しい車に乗り換えて‥疲れた。

夜は、マイアミに住むお友達のお宅にお邪魔した。

==

このお友達、中学時代の同級生なんだけど、すごい奇遇に再会したんです。

この1年、私はメイヨー日本人会のホームページを担当していたのですが、ここに来たメールでの問い合わせの一通だった彼女のメール(この時点では知り合いとは気づかず)。で、ご主人がうちと同じく臨床医とのことだったので、インタビューにみえるときに「会いましょう」ということになり、色々とメール交換して、いつもはしないのに、なんとなく写真を送りあったんです。顔が分かるように、と‥。

そうしたら!

知っている顔!!

もうほんとーーーーーーに驚きました、お互いに。

それで5月頃こちらでお会いして、ご主人のインタビューも無事合格し、来年の7月からメイヨーにみえることに!私達は6月までなのでちょうど時期が重ならなくて残念だったのですが、この偶然の再会は何よりも嬉しいものでした。

==

で、彼女夫婦の住むマイアミのダウンタウンのマンションに向かうと。

絶句。

P1080149

海辺の超高層マンション街でもうもうすごーーく素敵!!!

P1080150

ほら、海もこの通り。絶景なんです!!羨ましすぎる~!!!

夫は同じレジデントなのに、この生活の差‥何故だろう‥

ってか、彼女たちの7月からのロチェスター生活が大丈夫だろうか、と本気で心配になる私達です。

P1080152

美味しいお食事をいただき、楽しいひと時を過ごしました。ご主人がタイ人でらっしゃるので、タイのサラダも出していただいて、本当に美味しかった~!心に残るクリスマスイブでした。

健太は、エレピがとても気に入って、流れてくる音楽にあわせて踊ってました

Img_03451

ホテルはマイアミのサウスビーチ。この辺りは、海辺なのに、100ドル前後の安いホテルがたくさんあり、助かった。

翌日は、歩いてマイアミビーチを散策。

アールデコの建物をみたり

P1080163

海辺で朝食。各ホテルのレストランが格安でブレックファースト合戦をやっていたんです

P10801641

マイアミビーチ。時折雨がちらつき、あいにくのお天気。

P1080159

その後、リンカーンロードというマイアミの繁華街にちらりと行ってから、エバーグレース国立公園に向かいます。ここは世界遺産であり、危機遺産(今の状況が保てずに生き残れないであろうと認定されている)でもあります。

この辺りは、全部川の河口ということで、マングローブの湿地帯がずっと続いています。

P1080173

マングローブの中のトレイルを歩きました。ジャングル探検みたい。

P10801771

でも、あまり生物に会えなかったり、冬だからか花も咲いていないし、それほど面白みはなかったかな。

P1080184

さぎがいました。あと、他のトレイルで、ワニや鷲なども数匹。

P1080187

100年前までマイアミは上記のような風景だったんだそうです!そこを、水を抜き、湿地を埋め立てて、今や大都会に仕立てたそう。すごいなぁ。でも同時に、エバーグレースみたいな、稀有な場所は徐々に消滅してしまっているそうです。

時折雨がちらつく天気だったのもあったのか、ここは、他の国立公園みたいに、すごく感動とか驚嘆、というのはなかったけれど、一度は行っておいてよかったです。

マングローブをカヌーで行くツアーをやっていたので、あれはやってみたかなったなぁ。

夏は蚊の地獄だそうで‥今は最適の時期だったのでしょう。早朝にいくといいのかも。

あと、シャークバレー方面はまだ違った面白さがあるのかもしれないです。

次回に続く‥

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ ←ランキングに参加しています。よかったらクリックお願いしますheart02

人気ブログランキングへ  ←こちらにも参加しています

|

グランドサークル旅行その8 グランドキャニオン編

モニュメントバレーから一路グランドキャニオンへ向かいます。4時間くらいのドライブ。

お昼は、途中スーパーで買ったサンドイッチやチェリーパイ、朝の残りのおにぎりなどを車内で適当にすませました。つくづく節約旅行したなぁ。

グランドキャニオンの東口から入りました。南口は30分くらい渋滞がある、とききますが、ここからは全く渋滞もなく、すんなり。

入ってすぐのデザートビューからの眺め。

P1070642 本当に大峡谷です。中央を走る川がコロラド川。スケールが大きくてつかみきれない。

P10706491 展望台。先住民の遺跡画からデザインされたらしい。眺めは最高でした。

P1070645内部はネイティブアメリカンの遺跡の壁画が描かれている。

次、リパンポイントに移動。

P1070650

ちょっとずつ表情が違います。ここから見た景色が一番よかったと、個人的には思う。

この谷底には、今でもネイティブアメリカンが住んでいるんだそうです。

ここまで歩いて片道8時間くらいかかるそうです。コロラド川の水がつくる緑のオアシスなんだそう。行ってみたいなぁ~。夫はお金持ちになったら、ヘリツアーにくるそうです。

トゥシヤシ遺跡へ。800年前の先住民プエブロ族の遺跡です。

P1070655

P1070656 祭事場。

発掘の仕事をしている義母はとっても興味深そうでした。

その後、モーランポイントをみて、ホテルに向かいます。

ホテルは、園内のヤバパイロッジ。他のホテルは皆、一箇所に集まっているのですが、ここだけちょっと離れていました。が、駐車場がロッジのまん前にあり、停める所を探す必要もなくてとても便利だったと思います。グロッサリやコインランドリーにも近かったし。

ちょっと休憩してから、夕陽をマーサーポイントまで義母と見に行きました。

P1070658 夕陽に浮かぶビシュヌ寺院。

==

夕陽を見る前にウエストリムのシャトル乗り場を下見しに行ったが、いまいち良く分からなかった。まぁでも、多分ここだな、と見て‥

これが、翌日のトラブルを引き起こすとは‥

==

翌朝、目覚ましが鳴らず、ハッと気づくと、日の出15分前!!

慌てて着替えだけして、昨日のマーサーポイントにまた行きました。

間に合った。

P1070659

ヤバパイポイントにも寄りました。まぁ、景色は同じだったな‥

P1070663 朝陽に染まって、峡谷の影ができて‥朝夕は立体感があり、より楽しめます。寒いけど‥。

部屋に戻り、朝ごはんを食べてから、ウエストリムへ向かいます。

ウエストリムは、自家用車は一切入れないことになっており、園内の専用シャトルに乗ります。

ホテル前からシャトルにのろうと、シャトルの運転手さんに「ウエストリムに行くのはこれでいいの?」と聞くと‥

「ウエストリムは閉鎖しているよ」と‥

!!!!!

がーん、道路工事のために、半年ほど閉鎖中でした。。。

なんてついてないの‥

そこまでちゃんと調べてこなかったし‥

レインボーブリッジに続き、またもショック。。。

「今日一日どうしよう」と悩んだが‥

しょうがないので、少しだけ、谷底へおりるトレイルを歩いてみよう、ということになり、サウスカイバブトレイルまでバスで行く。

みんな、1日かけて谷底へ行く人たちで、重装備をして、楽しそう。

P1070666 こんなトレイルを急下降していきます。

5分ほどで、すぐに急になったので、やめました。でも、少しでもどんな感じがみれて面白かった。

その後、ヤキポイントやビジターセンターで展示をみたりして時間を潰し、昼食に、ブライトエンジェルロッジのレストランへ。

P1070677 素敵な雰囲気でした。お味のほうはまあ普通。

ここのブライトエンジェルロッジ、実はミネソタ・セントポール出身の女性が1935年に設計、建築したんですって!!彼女の展示がホテル内にありました。この時代に女性が活躍するなんてすごいなぁ~。とても素敵なホテルでしたよ。

この後、もう一度ヤバパイポイントに行き、ホテルの部屋に帰り、夫と健太は昼寝。

私は洗濯に行き、その合間にお土産やさんなどをブラブラ。グランドキャニオンのお土産さんってあんまりいいものがなかった。その前に回った公園内のお土産やさんの方が素敵なものがたくさんあったなぁ。。。

夕陽をみに、みんなでまたブライトエンジェルロッジあたりへ。

P1070682

その後、周辺を散策して、7時から、エルトバホテル(1905年完成のアメリカ屈指のリゾートホテル)にてディナーでございました。イエローストーンの教訓を生かし、ちゃんと前日に予約しました、それでも7時ともう一つの枠しかあいていなかった‥。

ホテルの構えからして、本当に素敵。中は暖炉に火がともり、木のあったかいぬくもりが感じられ‥。ロビーにいるだけでも幸せな気分になります(写真は暗くてよく写ってない)。

P1070690

こんなディナー、健太連れで大丈夫かな、と思ったのですが、結構いい子にしていてくれました。もちろん、夫がちょくちょく連れ出してくれて、階段を昇ったり降りたり‥を繰り返していましたが。

お味は大変美味しかったです。皆大満足でした。

このディナーは、夫の2人の姉家族たちからのカンパで頂きました。ありがとうございました!!!

翌朝、グランドビューポイントまで車を走らせ、朝陽をみにいきました。夫と健太は寝てた‥。

P1070694

ウエストリムの方にいけずに残念だったけど、十分満喫してグランドキャニオンを後にしました。

グランドキャニオンは中学生の時に家族旅行で来た事があったのですが、この時、強烈な印象で本当に感動して、「また大きくなったら絶対に来たい」と思っていたので、その思いが叶ってよかったです。

旅行の最終地、ラスベガスへと向かいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ ←ランキングに参加しています。よかったらクリックお願いしますheart02

人気ブログランキングへ  ←こちらにも参加しています

|

グランドサークル旅行その6 ロウアーアンテロープキャニオン編

旅行も中盤にさしかかりました。

6日目、ロウアーアンテロープキャニオンに行きました。

昨日行ったアッパーはガイドが必要ですが、ここは各自の責任で入ります。

料金は一人26ドル。やっぱり高いannoy

どこが入り口?と探すほど狭い、やっと人が一人入れるくらいの隙間から入っていきます。

P1070608 すぐに階段がついていて下る。

P1070601 ずんずん奥に入っていきます。

P1070598

アッパーよりずっと狭く、深いので、こちらのほうが見ごたえがあります。まるで探検のようでワクワクしました。

これらは鉄砲水が作り出したものだそうですが、本当に美しかった。どこをみても、微妙に表情が違う、こんなに綺麗な曲線美、模様を作るなんて‥繊細な自然の力です。

P1070607

もう出口かな~と思うと、また下に下る、の連続です。結構歩きます。閉鎖感、圧迫感が強いので、閉所恐怖症の人はムリ、と読んだけど本当だと思う。

P1070604 こんな細い道を歩くんです。やっと片方の足がおけるくらい。

P1070599 ゴール近く。本当に美しくて感動しました。別世界に居るみたい。写真の腕が‥ねぇ‥実物はもっと美しいのです。。

健太を連れてはムリだったので(大丈夫、という声もみかけたのですが、我が家の場合はムリでしたね‥3歳くらいなら大丈夫かなぁ)、交代で行きました。

その間健太は何していたかというと‥

P1070610

見渡す限りの貸切のお砂場で思う存分遊んでいました。小高い岩に登って「シュー」といいながら滑り台みたいに遊んでいたり。

==

旅行中、主人の両親がいたので、言葉がすごく増えました。

今まではせいぜい「はい(Hi)」「ママ、ダダ、ジジ、ババ」「アッパッパ(アンパンマン)」「青」くらいしか言えなかったのに、「上手」「すごい」「きれい」「ね~(同意の意味)」「アッタイ(バイバイ)」「ぶーぶー(車)」「ワンワン」「にゃーにゃー」「ポッポッポッ(はと)」「シュー(滑る意味)などがこの短期間で出てきました。

また、踊ったり、こちらの言うことも短期間で格段に色々とわかるようになってきて、やっぱり核家族で過ごすってよくないなぁ、と改めて感じました。

==

ペイジを後にして、今日はややロングドライブで、モニュメントバレーまで一気に向かいました。お昼は、おにぎりなど朝の残りでした。

3時間弱でつきました。

続く‥

|

グランドサークル旅行その5 レイクパウエル、ホースシューベンド、アッパーアンテロープキャニオン編

ブライスキャニオンを後に、レイクパウエルのある町、ペイジに向かいます。

レイクパウエルは人造湖。

砂漠の真ん中に忽然と姿を現します。きれいだけど‥湖と砂漠ってなんだかミスマッチ。日本人の感覚からは、やはり湖には緑が似合うわcloverと思いました。

ペイジの町は、あの辺りでは大きな町。

Safeway(ここも西海岸の有名なスーパーです。)で野菜など買い物をしました。ホテルは、グレンキャニオン国立公園内にあるレイクパウエルリゾート。部屋は、コネクトルームにしてくれて、とってもラクでした!

P1070552 部屋からの景色

==

余談ですが、ここ、グレンキャニオン国立公園内にあるので、宿泊者でも国立公園の入場料をとられます。もし、公園内のアクティビティをしない(ペイジを通過の一泊としたり、アンテロープキャニオンやホースシューベントしかみない)のなら、公園内に泊まらなくていいと思う。確かに、湖の見える景色は綺麗だけど‥ペイジの街からも少し離れているし。

==

ここは2泊の上、冷蔵庫つきだから、色々と買い込みました。

ここの目的は、レインボーブリッジというもっとも美しいとされている岩のアーチを船で見に行くこと、アンテロープキャニオンに行くこと、でした。

だかしかし!!

レインボーブリッジの半日ツアーが先週で終わっていたsweat01

私の調査ミス‥

1日7時間のツアーならやっていたけど、健太つれてはとてもムリだし‥

ってことで、泣く泣くあきらめました。

あぁ~、ここで午前と午後で夫の両親と私達と分かれて、見学ツアーに行こうと思って2泊とったのに‥

あぁ~ここを選んだから、断腸の思いで(大げさ)アーチーズ国立公園を日程から削ったのに‥

しばらくはショックから立ち直れませんでした。。

P1070550翌朝部屋から朝日をみる。

そして、ホースシューベントに向かいます。ホテルから15分くらい車でいったところ。

ここは、コロラド川が馬蹄形にカーブを描く場所。

P1070556日陰の一切ない砂漠を15分くらい歩くと‥(右下のほうにちーさく見えるのが夫と健太)

P1070558

断崖絶壁からみることができます。すごい迫力です。

ここは、本当に柵も一切ないので、超怖い!!足元がすくみ、吸い込まれそう。

あまりにも大きくて、写真に納まりきりません。ここは光の関係で午前中に行った方がいいそうです。

==

その後、アンテロープキャニオンに向かいました。

まずは、アッパーの方から。

ここ、ネイティブアメリカンの居住区なので、ここの居住区に入る入場料とアンテロープキャニオンに入る入場料で1人31ドルも取られましたimpact

まぁ、こんな不毛の地に追いやられた彼ら、観光くらいでしか生きていく道がないでしょうし、しょうがないよね、と思いつつも‥やっぱり高~いdash

アッパーはツアーでしか入れず、現地でツアーの申し込みをしました。次回は11時の回、と言われて、30分ほど待ち時間。でもちょうどよかった。ここは、太陽が一番高い時間に行くのが一番綺麗、と言われているので‥。

お菓子を食べたりして時間を潰す。

で、トラックの荷台に席を設けただけの車で10分ほど未舗装路を走ります。砂埃はひどいし、揺れるし、と聞いていたので、健太が大丈夫かな、って心配していたのですが‥

運良く運転席の後ろ(車の後部座席のところ・室内)に乗せて貰えました!!!3人席に4人(+健太)押し込まれたけど‥よかった~本当によかった~!!帰りにもここに乗せて下さい、とお願いしておきました。

ガイドのお姉さんについて、中を回ります。

夏は日差しが強いので、底まで光が届き、名物のビームが見られるのですが、今の時期はちょっと難しかったです。6月から9月中旬までビームが見られる、と案内のナバホ族のお姉さんが言っていました。

それでも綺麗だった~

なのに、写真がまったく上手に撮れていない。中が暗すぎ、フラッシュ禁止なのでしょうがないか‥

健太は、中の暗さが心地よかったようで、寝てしまいました

P10705891 これが入り口付近でかなり明るいため唯一まともだった写真。

結構長い時間(2時間ほど)かかってしまったので、ロウアーは明日行くことにして、お昼。買い物した近くに、Mandarin Gourmetという中華のお店を見かけたので、そこに行くことにしました。

バフェで10ドル弱、味は、ロチェスターの中華の方がずっと美味しい‥。町で唯一のチャイニーズらしく、大混雑してましたが。健太がよく食べてくれたのでよしとする。

Walmartでまた少し買い物し、ホテルに戻って昼寝タイム。

毎日動いていたので、ちょっと落ち着けてよかったかも。

その後、健太もお散歩したり砂利遊びしたりしてゆっくり過ごす。

P1070553

夜は部屋で肉じゃがや豆腐の味噌汁作ったりほうれん草や人参をゆでたりきゅうりを塩もみしたりして(義母がsweat02)、美味しく頂きました。

続く‥

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ ←ランキングに参加しています。よかったらクリックお願いしますheart02

人気ブログランキングへ  ←こちらにも参加しています

|

グランドサークル旅行その3 ザイオン編

題名にもしている「グランドサークル」とは‥

アリゾナ・ユタ州の州境、レイクパウエルを真ん中に、半径230メートル以内には数多くの国立公園があり、ここの円をグランドサークル、とアメリカ人は呼んでいます。

たいていは10日で1周できるのですが、私達はかなりゆっくりなペースを選び、半周(もしくは小さな円)しました。

==

3日目。

ラスベガスを脱出!

夫も合流し気分的にもラクになり、国立公園へ気持ちが高揚してきました~!

ランチはザイオンへ向かう途中の大きな町で。

なんとなくこっちかな~と車を走らせると、「SUSHI」の文字!夫は反対したけれど(こんな田舎町でまともな日本食レストランのはずがないと)、この先日本食はおろかアジアンフードに帰りのラスベガスまでありつけないと思った私は、入ろう!と入りました。

ここが大正解scissors

まず、本当に日本人のやっているレストランだった!これは、アメリカの田舎では珍しいと思う。日本食を謳って、中国人や他のアジア人、メキシコ人などがやっているのが一般的なのに‥。

しかも激安で、5人で30ドルでお腹一杯!

健太が豆腐好きというと、奥から、お豆腐をたくさん切って持ってきてくださったり‥。素晴らしいレストランでした。

SUSHI MASA という名前は分かるけど、どこの町かが分かりません‥

P10704651 夫の両親に仕込まれた踊りを踊る健太。お腹も一杯でご機嫌。

2時間くらいのドライブで、ザイオン国立公園に到着。

ここはヨセミテの木がないバージョンのようなところ。バージン川が何万年もかけて岩岩を削ってできたバレーです。

まずザイオンロッジにチェックイン。

今回は全て国立公園内を押さえました。

ザイオンはそれほど大きな公園ではないので、園外の安いモーテルでもよかったかな、と思っていたのですが‥(入り口の町、スプリングデ-ルがとても可愛らしい街だったし)

ここ↓のロッジ、と~っても素敵だった!!!

P1070479芝生で水を得た魚のように走り回る健太

ザイオンの巨大な岩岩のふもとに、芝生がしいてあり、シックな建物‥ものすごくいい雰囲気です。

Zaion1

ロビーも素敵

Zaion2

ザイオンは環境汚染回避のため、シャトルバスでの観光が義務付けられています。

P1070466

このバス、あまり窓がなくて、あまり景色が見えなくて(多分ザイオンの岩岩が迫っているためと思われる)ちょっとよくなかった。

途中でバスを降り、ウイーピングロックというトレイルを歩きます。15分くらいかな。

P1070472

岩壁から水がしたたり落ちてくる岩なんです。すごい迫力!そしてちょっと神秘的。ひんやりした感じが心地よいです。

P10704691

反対側には、登るのに人気のエンジェルスライディングと名づけられた岩も見えます。

シャトルでザイオンキャノンエリアを一周。ザイオンの目玉、ナローズには行きませんでした‥。いつか行ってみたい!

ホテルに戻り、夕・朝を部屋で食べ‥

翌朝。4日目。

P1070486

マウントカーメルハイウエイを通りぬけ‥

キャニオンオーバールックのトレイルへ。

P1070490

ここ、「地球の歩き方」には初級って書いてあったけど‥結構急で柵もなかったりして、ちょっと怖かった。確かに、歩くこと自体は初級かもしれないが‥

P1070496

↑この写真の中腹の口が開いてるところを拡大すると‥

↓こうなります。

P1070500

途中で、夫が健太を抱っこでは難しくなり、夫の父と引き返すdown

母と私で30分以上かかりゴールhappy01

P1070494

頑張った甲斐があった!思わず息を呑む美しい風景でした。真ん中にくねくね見えるのが、あがってきた道路マウントカーメルハイウエイです。いかに巨大な岩石の公園かわかりますね

トレイルは往復で1時間半くらいかな。

戻ってきて、一路ブライスキャニオンへ向かいました。

続く‥

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ ←ランキングに参加しています。よかったらクリックお願いしますheart02

人気ブログランキングへ  ←こちらにも参加しています

|

グランドサークル旅行その2 旅行中の食事について

2日目。

よく寝たら少し気分が上昇。ホテル内のカフェへ朝ごはん。ここもすごい人。私達が注文した時はそれほど並んでいなかったが、食べ始めたら長蛇の列になっていた。

午前中は、これからの旅のための健太と車で買出しへ。ターゲット&日本食スーパーへ向かう。ストリップを一歩出ると、普通のアメリカ風景。っていうか、治安が悪そうなエリアのようでちょっと怖い。ターゲットにつくとなぜか落ち着く‥(ロチェスターにあるからかな)。だが、ここのターゲット、生鮮食料品がない‥。そう、都会のターゲットは生鮮食料品がおいてないんです。。。

で、隣のAlbertsons(アメリカ西部のメジャーなスーパー、他にVON'Sもメジャー。どちらもロチェスターにはない。ロチェスターのHyveeのようなもの。Walmartは治安が悪そうなエリアだったので行かなかった)へ行き買出し。

====

今回、なんと、スーツケースに炊飯器とガスコンロ(もどき)を入れてきた!!!

じゃーん!

P1070363

荷物検査で取り上げられるかと心配したが全く問題なし。

イエローストーンの旅行の時にも書いたと思うが、アメリカの田舎の外食は

まずい!

高い!

おなじものばかり!

の悪の三拍子。数日の旅行、もしくは都会に行くのは問題ない。

なので、ラスベガスはまあいいとしても、グランドサークルは全く期待できないと判断。

しかも、アメリカのホテルって、モーテル以外は朝ごはんが基本的につかないんです。食事が旅行の楽しみの大きな一つの日本とは大分違います。

しかも、子連れで外食って本当に精神力使うのよね。食事が来る間をもたせなきゃならない、お腹が空くと不機嫌でぐずって周囲にご迷惑。そして、やっと食べたかと思うと子供は終わった瞬間から遊びたい(あぁ食後に一息、とかないんですよ)。親はゆっくり食べらないし。それに、日本のお子様ランチなんてものとは程遠い子供メニュー、野菜なんてメニューに全くないし。これを10日間はありえないと思ったのも理由。

ガスコンロみたいのは、実は結構穴場のお店SHOPKO(K-Martとターゲットの中間くらいのお店)で10ドルで購入!これをロチェスターのSHOPKOで見たときは感動した!これだ!と即買い!

これ、コンセント付の電気コンロで、コンセントに差し込むだけで普通のコンロとして使える。日本のホテルのように湯沸しがない、コーヒーメーカーしかない(うちの夫婦はコーヒー飲まない)、お茶のペットボトルなんてまっずいのしか売ってないアメリカでは本当に重宝した。イエローストーンの時に発見してればよかったが、まぁあの時は車だったので、ポット持参できたからまぁよし。

今回、この2つを駆使、+ラスベガスでお鍋、包丁、ビニールのペラペラのまな板、それにお米や調味料を購入し、日本から主人の両親にレトルト食品を持っていていただいて、朝夕は基本的に自炊しました。

Img_05541 こんな感じ

夫の両親も高齢なので、3食アメリカの食事、外食では疲れたと思うし、健太もよく食べてくれて、本当によかった。

‥って、料理してくれたのは、ほとんど主人の母なんですがcoldsweats02

===

話がそれましたが、そんなわけで、午前中は買出しへ。ランチはホテルの部屋で適当に。

午後は健太をホテルの部屋で昼寝させて私も休憩。

夕方、夫の母と合流し、ラスベガスの町へ繰り出しました。ファションショーというシッピングモールへ行き、ホテルの部屋で夕食。

その後ベラッジオの噴水ショーをみに行き、ホテルの前のフォーラムショプスへ行きました。

お買い物は、私はロチェスターやミネアポリスでできるので今回はほとんど何も買わなかったです。でもブラブラしているだけで、都会の雰囲気を味わえてよかった~。

P1070461 噴水ショーは写ってなかった‥

ってか、人の多さに本当に驚いた。熱気があり、雑然とし、人でごった返し、ネオンピカピカ、まるで、巨大な夜の新宿歌舞伎町。空気も悪いし‥。エネルギーを吸い取られる感じって夫に言ったら「ここからエネルギーをもらえる人が来るところなんじゃない」って言われた。その通り。

ラスベガスへどうしてこれほどの人が集まるのか、はっきり言って全然わからない(カジノなんでしょうが‥)。だって、一つのホテルあたり2~5000室も部屋があるのに満室なんですよ!!それが数十個、それ以外のホテルやモーテルも無数にあるってすごくないですか?!カジノを含めて、この街にどれほどのお金が落とされるんだろう、なんて思わず考えちゃいました‥。

世界中どこを探しても、こんな町は他にないのでは?一度は(二度目だけど)この町を体験しておいてよかった。

が、もう私はいいや~って感じでした。もし行くなら、避寒のために行き、いいホテルに平日安く泊まって(平日は7割引きくらいになる!)、ホテルでゆっくりしてホテル内のショーをみたりするならいいかも‥。

深夜に夫が到着。初めての夫も本当に驚いていました。

続く‥

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ ←ランキングに参加しています。よかったらクリックお願いしますheart02

人気ブログランキングへ  ←こちらにも参加しています

|

グランドサークル旅行その1 待った待ったのラスベガス編

10日間に及ぶグランドサークル旅行から無事戻りました。

私達家族も、夫の両親も元気で楽しく過ごせました。

戻ったら、ロチェスターは雪でしたsnow 長い冬の始まりです。

==

では旅行記へ。

まずは、夫が仕事なので、私と健太で一足先にラスベガスへ向かいました。ロチェスターからラスベガスへallegiant航空の直行便があり、とても安いのですが、木と日しか便がないため、こういう日程になりました。

午後発なので、午前中は公園へ行き、ヘトヘトになるまで遊ばせ‥案の定、ご飯を食べさせたらすぐに寝てくれて、到着まで熟睡。助かりました。でも、飛行機は満席!ロチェスター発のラスベガスなんて、満席は早々ないだろうと思っていたのに‥。健太の席はとっていなかったので、ずっと抱っこで辛かったけど、寝てくれたのでかなりラクでした。3時間半、身動き取れなくて、それはそれで疲れたけど、ぐずられるよりは100倍マシ!!!

それにしても、ロチェスター空港のお昼時、一軒しかないカフェは超満員で、注文までに10分、注文してから15分以上もかかりました。ただのハンバーガーなのに!皆イライラ。

こういう事態を想定して、健太の食べるパンとヨーグルトとバナナだけ持参しておいて本当によかった。食べさせながら、私のお昼だけ待ちました。

==

そんなこんなでラスベガス到着。

日本から来た夫の両親と空港内で待ち合わせ。

スムーズに会うことが出来ました。健太ちょっと人見知り。

それからシャトルに乗って、レンタカーセンターへ。

ラスベガスのレンタカーセンターは、全部のレンタカーが一緒のセンターになっており、広くてビックリ。ここで、一番安かったalamoのレンタカーを予約しておいたので、ピックアップ。

ところが。

予約しておいた8人乗りのシエナ、まだ返却されていないのか、待てど暮らせど全然来ない。

20分くらい待ったような気がする‥

しびれをきらした私。

「他の車でもいいから出して!」と言うと、5分で、クライスラーの7人乗りバンが来た。

これでいいか、と聞かれて、即OKする。

結果的にとても乗りやすい車で、100ドル以上料金も安くなり、とてもよかったbleah

そこから、ラスベガス市内へ。ストリップは軽く渋滞。でも、このラスベガスのB級の雰囲気っていうか独特のおもちゃみたいな雰囲気に圧倒され、両脇の景色をみつつなので飽きない。

ホテルImperial Paleceへ到着。

チェックインの長蛇の列。まるで、ディズニーランドの乗り物待ちのよう。30分以上並んだ。

そこから、カジノのワサワサした雰囲気を通り、部屋へ。

ところが。

部屋への行き方が難しすぎてなかなかたどり着けない。

どうも増築に増築を重ねているようで、エレベーターに乗って、下がって、またエレベーターに乗って、上がって‥。

部屋に着いた時は本当に疲れはてました。どうしてここにたどり着けたかわからないくらいでした。

お腹もペコペコ。健太も不機嫌。

とりあえず、また迷路のような道を通りバフェへ。カジノを通るだけでとても疲れる。タバコの匂いもすごい。タバコの匂いはあまり苦手じゃなかったけれど、アメリカは禁煙がとても徹底されているのでタバコに出くわすことがほとんどなく、免疫が落ちたよう。

ここのバフェは穴場という噂だったが、全然!!美味しいものはなんにもなくて、さらに疲れ倍増。でも、とりあえず空腹は満たされた。

Img_05391

部屋も寂れていて、日本から来た夫の両親には本当に申し訳なかった。やはり、もう少し高いホテルにすればよかった。秋の週末はラスベガスのホテルは値段が跳ね上がるので、これでも結構いい値段だったけど。。。

健太を寝かしつけてから、夫に電話。

この日の大変さをとうとうと語る。帰りのラスベガスのホテルを変えたい旨を伝え、mixiで前に紹介されていたホテルを調べてもらった。私のmixiを開いてもらって、コミュから話題を探してもらって‥よく見つかったな。。。

==

この日は本当に疲れた。ラスベガスについてからが‥

翌日以降は楽しみましたけど。 

一言で言うと、ラスベガスをなめていました、私‥

この町は、エネルギーが必要な町だった‥昔来た時は若かったからそれがわからなかったんだ‥

続く‥

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ ←ランキングに参加しています。よかったらクリックお願いしますheart02

人気ブログランキングへ  ←こちらにも参加しています

|